地元企業から新しい商品、新しいサービスが生まれることが、
地元を元気にすることにつながると考えています。

ATES会員としてサービスをご活用いただき、新商品や新サービスを生み出すきっかけにして下さい。

時 代 背 景

インターネットに始まるデジタル情報革命が進展し、社会を変える新しい技術が次々と生まれている。
デジタルものづくり環境の急成長により、試作コストが大きく下がり、
商品開発の進め方が変革している。

企業における商品開発の課題(仮説)

新技術・製品を試すまでのコスト(稟議、上司の説得、資料作成)が高い。
実際に触れば分かることを、現状は不確かな情報で判断することが多い。

ATESの考えた解決策

先進技術・製品のシェアリング(貸出)サービスの提供。
法人会員(会費定額)で新技術・製品をシェアリング(共有)し、
社内手続きを最小化して、いつでも触って試せるようにする。

サービス導入後(ねらい)

先進技術・製品を積極的に試す社風となり、社内が活性化する。
商品化までのコストと期間が短縮し、新商品を試す機会が増加して、
新商品の成功確率が高まる。